忍者ブログ
 podcastは面白いけど、あとでもう一度聞きたいときとかiTunesで見てもどれだかわからなくなってました。だから、ピンときたキーワードを文字におこすことにしました。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近のゲームってライフゲージがないの。というか二極化していて、対人で遊ぶものは決着つけなきゃいけないからすぐ死ぬんだけど、1人でやるものって簡単には死なないのね。ヒーローのトレースだから。というか、おれ死ぬゲームつくってないや。

 アメリカ人は簡単に銃を使うよね。生活の中に銃があるから?

アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百七十一回 PS3反撃開始!?ついにKILLZONE2発売! 後編
PR
洋ゲーってどこが面白いかわからない。というか、彼らにしてみれば真横から見たひげのおっさんに感情移入する方がおかしい。
 バーチャルリアリティって日本語では仮想現実で、ゲームはゲームであってそこに壁があるけど、彼らはvirtual reality and gamesでそのままの移行なので、だからこそリアルな世界で遊んでいるのが面白いのであって、ストーリーとかどうでもよかったりするんじゃないかと。

 FaceBookで1億円とか売り上げたりする人が居るけど、制作費は100万円もかかってないと思うよ。なんだかi-modeの初期の頃みたいだ。

アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百七十回 PS3反撃開始!?ついにKILLZONE2発売! 前編

Playfish―Facebookをゲーム・プラットフォームにして飛躍中
 衣食住は我慢ができるけど、遊びは我慢できないから。
 食べ物というのは需要が大きいだけに改善がものすごく進んでいて、味の素ってすごいですよね。老舗の料亭の味とくらべて遜色ないというか、科学の力でドーピングみたいなもので。

 人間が遊びまくってお金を使いまくったときに最大どこまでいくのかを一度計算してほしい。それを最大として今はどこまでの比率になっているのかと。
 某上場ゲーム会社の社長が言っていたけど、未だにゲームを作っている人は金曜日には気合いを入れてゲームをやるんだって。で、新入社員の面接をやったんですけど、ここ何年もゲームを買っていないし、モバゲーぐらいですよね。
 ガラパゴス化というか業界って言うのはそういうものだから。

http://keith.weblogs.jp/cyberspace/2009/03/dt-544e.html
 アイデアっていう言葉自体が嫌いなんだよね。戦略とか作戦とかそういうこと。
 思いつくのは簡単なんだけれど、色々な方法があって捨収選択していったらコレしかないでしょというのが決まる。

アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百六十八回 本郷ヒルズDT白書 第弐部
芸者東京エンターテインメント 田中氏

フラッシュでギャグアニメを作ってみよう。
「のれそれ」っていう名前の食べ物があってアニメを作った。最初は手探りで、かなり大変だった。
 M1とかをみてネタをみて全部書き出すっていうのをやって、古今東西のパターンを研究しようと。
 で、これは面白いっていって、地方アニメならいけるかなと思って、さくらんBOYなわけです。

自動ギャグ生成。ドラマティカみたいなの。
ボケの量を一定にしようと。
中沢新一の本をむちゃくちゃ読んでるの。あれって、物語を作るシケ単みたい。
人類最古の哲学 カイエ・ソバージュ1 中沢新一 講談社

サザンオールスターズって、さいしょ勝手にシンドバットでデビューしたじゃん。当時はジュリーの「勝手にしやがれ」とピンクレディの「渚のシンドバット」が流行していたっていう身もふたもない話。

ゲームの好きなやつが作っても劣化コピーしかできないから。

アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百六十七回 本郷ヒルズDT白書 第一部
さくらんBOY DT
結局、人に感動を伝えるってことは脳の中で感じたことを言葉にして相手に伝えて、相手の脳の中で再現しなればいけないってことでしょ。と言うことは、それに近い体験が相手にないと感動を伝えることって不可能なんだって。

 激動の昭和史、沖縄決戦をみてからどんな戦争映画を見ても泣くようになった。1回しか見てないんだけど強烈に覚えている。というかもう、二度と見たくないんだけど。

 ようは、色々体験しろってことで。でも自転車で日本一周はするなよ。

第二百六十六回 景気後退懐疑論 後編
 コンテンツ産業もうかってます。
 テレビで不景気だって言ってるのは、じつはテレビが一番不景気なんだよね。
 テレビの大きなスポンサーって車めーかーとか、コーラとか、それだとコンテンツ製がないんだよね。だからCMをバンバンうってたんだけど。

 ファイナルファンタジーの大量のテレビCMというのは、単にこういうものが発売になりましたということじゃなくて、トレイラー映像を大量に流すことによって、すでにゲームが始まってるのね。で、周りの人とゲームの体験を共有する。だからテレビCMがコンテンツの一部なんだよね。

 化粧品なんてぶっちゃけ水ですから。特殊なものとか入れられるわけないでしょ。肌荒れするし薬事法とおらない。だから、原価の中で一番高いのはビンなんです。

アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百六十五回 景気後退懐疑論 前編
トランスメタって終了したのも今年、まあLinusをもってしてもだめだったということで。
 緑内障の手術って知ってる、詰まっている血管をメスで切り開くんだって。
アキバ系!電脳空間カウボーイズ: 第二百六十二回 行くスペース来るスペース 2008-2009 後編
podcastブログパーツ
podcastリスト
by PODCAST-BP
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
プロフィール
HN:
おさるまん
年齢:
54
HP:
性別:
男性
誕生日:
1963/09/26
自己紹介:
podcastにすっかりはまってます。昔はこちらで書いてました。今日聞いたpodcast 跡地
TrackFeed
track feed
SEO
Pagerank/ページランク
あわせて読みたい
アクセス解析
カウンター
今日聞いたpodcast 電脳空間カウボーイズ Produced by おさるまん
Designed by がりんぺいろ 独自ドメインブログ
忍者ブログ [PR]